前へ
次へ

健康食を実現するには1日3食を守ること

食べすぎは身体に悪いと考えて、食事回数を減らしてしまう人がいます。
1日3食のところを2食に減らしてしまう人がいますが、食事回数が減るほど栄養バランスの維持が困難になります。
人間は1日1回の食事だけでは、好ましい栄養バランスを実現できません。
また一度で食べても吸収されにくい問題があるので、何度かに分けて食事を摂ることが大切です。
健康食といえば身体によい食材を取り入れることを第一に考えるかもしれませんが、食事の回数も重要なポイントになります。
ダイエットのために朝食を抜いたら、逆に太ったという話は聞いたことがあるでしょう。
人間の身体は朝食を摂るべき仕組みになっており、朝食を抜いてしまうと仕事や勉強にも支障が出てきます。
1日の食事の中でも朝食は最も大切ですから、毎日必ず食べるようにしてください。
健康食を摂ることは健康維持の基本であり、脳の機能を向上させる役割があります。
脳に栄養を与えるためには朝の炭水化物がポイントです。

Page Top