前へ
次へ

健康食を心がけて体調を維持する

激務と呼ばれる仕事をしていた時に、食生活も生活リズムもめちゃくちゃになってしまい、最終的に体を壊して入院していたことがあります。
仕事が忙しくて自分の体調管理や食事に気を使う暇がなく、気がついたらボロボロの状態になってしまっていました。
まだ若かったこともあって無理が効いていたので、無理を重ねてしまったことが体を壊すという結果を招いてしまいました。
入院中に落ち着いて自分のことや将来のことを考える時間ができ、人まずは転職をしてもう少し自分のことを省みることに決めたのです。
転職活動中、比較的時間があったので図書館で本を読む機会がありました。
そんな時に出会ったのが健康食です。
食生活は体の資本だということが痛いほどわかったので、自炊の機会を増やして食生活を改善しようと決意しました。
健康食について一から学び、バランスの良い食生活を心がけるようになりました。
激務と呼ばれる仕事に就いていた時には、朝食は抜きが当たり前で、昼食は食べたり食べなかったり、夕食は作るのが面倒なので外食かコンビニで適当に見繕ったものを食べていたのです。
そのため、必然的に栄養が偏っていたのです。
そこで、転職を機に朝食はきちんと食べるようにし、夕食はできるだけ自炊をするようにしました。
休みの日はマーケットに足を運んで新鮮な野菜を仕入れ、保存が効くおかずを土日にあれこれと作って平日の食事を充実させるように心がけたのです。
野菜中心の食事をするようになってからというもの、肌荒れや便秘が解消されました。
主食も白米ではなくて玄米に変えたことで、食物繊維を十分に摂取できていると感じています。
あれだけひどかった自分自身の食生活ですが、転職後3ヶ月ほどで安定してきました。
流石にお弁当を作る余裕はありませんが、できる範囲内で健康食を心がけることができていて今の生活に満足しています。
体を壊したことで食生活の大切さを知ることができたことは収穫でした。

浜松市 理容店
年中無休なので年末年始や長期休みでもOK!空いた日に気軽にご来店ください。

Page Top