前へ
次へ

健康食は食べる順番によっても変化する

同じメニューであっても食べる順番によって、身体への作用が変わることが知られています。
例えば食事の最初に野菜を食べておけば、肥満の予防ができるわけです。
一方で最初に高カロリー食材を摂ってしまうと、カロリーが吸収されやすい状態になります。
カロリー過多を防ぐためにも、最初に野菜を食べてください。
とんかつにキャベツが備えられているのは、油の吸収を抑える意味合いがあります。
この場合は最初にキャベツをある程度食べて、それからとんかつを食べるのがおすすめです。
健康食を実現するためには野菜と魚、大豆の3つがポイントになります。
肉類に関してはそれほど重要ではなく、1日100gくらい食べていれば問題はありません。
肉の脂肪分は常温で固形化する性質があるので、摂り過ぎると動脈硬化の原因になるわけです。
サラサラ体質を維持するためにも、肉類の摂り過ぎには注意して魚を多めに食べるようにしてください。
大豆を使用したメニューは健康食の代表格で、日本人の身体との相性が非常によいです。

Page Top