前へ
次へ

ハンバーガーは果たして健康食品なのか

今朝一番はアメリカからの話題です。
ライフスタイルに関するレポートが元となっています。
それによると大変ショッキングな内容が確認されました。
アメリカでは赤身の肉には発がん性があるのではないかと噂されています。
それは未だ研究段階ですが、そのような統計結果もちらほら見かけることができます。
もしも脂身の少ない赤身の肉に発がん性があるとすれば大変なことになります。
なぜならば大半のアメリカ人が毎日あのハンバーガーをたくさん食べているからです。
ハンバーガーは肥満の原因の第1位となっている程ですが、それでも発ガン性が疑われていたことは過去にありません。
今後研究が進んで、赤身の肉に発がん性があるとされるのであれば、ハンバーガーを食べる人たちの数が激減するのではないでしょうか。
ハンバーガーは健康食品とは言い切れませんが、空腹を満たす大切な食物です。
それで元気が出ますのである面では健康食品であるとも言えます。
この辺の判断がなかなか難しいところではないでしょうか。

Page Top